2017年4月26日 更新

結婚出来ない50代女性でもチャンスがつかめる婚活とは?

自分の趣味に仕事に全力でがんばってきたけど、気づいたら周りはみんな結婚して自分だけ取り残されたよう……。そんな自分に虚しさを感じ始める、50代女性が最近増えています。「結婚しない」ではなく「結婚出来ない」ことになってしまうと不安を感じたら、ちょっと自分を振り返ってみましょう。

519 view お気に入り 0

結婚出来ない50代女性の特徴

辛い記憶が忘れられない女性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (653)

50代女性で結婚出来ない人の特徴として、まず同年代で独身の男性が周りにいなくなっていて、そもそも結婚相手として考えられる対象がいないということがあげられます。
年下男性の中には、年上の女性に甘えたい願望があるという人もいますが、そういった男性は、女性にとっては逆に結婚の対象には考えにくいものです。
そのため、遊び相手はたくさんいたとしても、実際の結婚に結びつかないケースが多いと言えます。
「キャリアウーマン」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (646)

もう1つは、1人で生きていく力を身につけているような「貫禄」があげられます。
50代ともなると、職場でも中心的な立場となり、仕事を仕切ってバリバリこなせるようになっていますよね。
その姿こそが周囲の男性からは「この女性は1人でも大丈夫だ」と思えてしまい、結婚相手の候補には考えられなくさせているのです。

男性には離婚経験者も増える50代

ピンクのリボンと割れたチョコレート|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (659)

一方で50代ともなると、世の中には子供も独立したことをきっかけに、妻のほうから離婚を切り出され「熟年離婚」となるケースもこのところ増えています。
そのため、50代男性の中にはバツイチとなって、現在は独身状態だという人もいるわけです。

50代の男性なら体力もまだまだあって、仕事もバリバリこなす年代。
この先の人生を独り身で過ごすことに寂しさを感じて、一緒に豊かな老後を過ごせる相手を探している男性も、実は世の中には結構いるんです。
厚生労働省の統計によると、50歳以上の夫婦が離婚した件数は、1970年は5416件でした。

それが、1990年から2000年にかけて一気に増え始めました。1990年には約2万件だったのが、2000年には約5万7000件になり、20年間でおよそ2.5倍になりました。そして、直近の統計がある2013年には、5万7573件で、近年は6万件前後で推移しています。
marriage ring copy | David McMurray | Flickr (662)

50代女性でバツイチのシングルマザーという人、あなたの周りにはいませんか?
そのような女性がいるということは、男性にも同じようにバツイチが存在するということになりますよね。

50代女性は「あきらめ」も肝心

恋人と手をつなぐ(交際間もない)|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (771)

「あきらめ」といっても「妥協」というわけではありません。
「高望みはやめる」ということです。
50代にもなれば20~30代の頃と違って、自らの価値観を変えることは難しくなります。
これは自分だけでなく、同年代のお相手だったらほとんどの人に言えることでしょう。

そうだとしたらどうすればいいのか、ということですが、相手の欠点や短所も受け入れられる心を持つことです。
しかし、すべてをというわけではなく「ここだけは譲れない条件」というものは極力しぼって持っていていいのです。
その他の点には目をつぶるようにする、ある意味「あきらめ」のような意識を持つことも、包容力も身につけた50代女性になら出来ないことではないでしょう。

再婚組も頭に入れた婚活を

ソファーに座りインタビューしながら書き上げるライター|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (782)

そのような現実を受け止めることができたら、50代女性も結婚につながらない婚活から脱出することができるはずです。
インターネットを検索すれば、50代女性や男性をターゲットとした結婚紹介所や婚活パーティーの情報がさまざま見つかります。
その中には初婚男性ばかりでなく、バツイチ男性が参加する婚活パーティーというものも存在するので、女性にとってもお相手の条件をしぼりやすくなっているんです。

「50代女性」とは自分からは言いにくいかもしれませんが、そのようなインターネットで探せる出会いの場なら比較的積極的になれるのではないでしょうか。

「結婚出来ない」スパイラルからの脱出

無料の写真: 女性, 女の子, 若いです, 話, Talkig, モバイル, 電話 - Pixabayの無料画像 - 791874 (848)

結婚出来ない50代女性が本気で婚活を考えるなら、まず自分自身を見つめ直してみましょう。50代ともなれば、20~30代の頃には受け入れられなかった数々のことも、気づかないうちに受け入れられている部分があるはずです。見方をちょっと変えて、明日から新たな気持ちで婚活を考えてみてはいかがでしょうか?

【必見】恋愛を成就させたいならまずは己を知るべし!

今回の記事はいかがでしたか? 婚活の知識を学ぶことは大事ですが、それだけでは恋は成就しません。

出会いの場がどんどん増えてきているにも関わらず、もしあなたが「自分はいつ結婚できるのか」「結婚につながる良い出会いがこの先にあるのか」と悩みを抱えているのなら、まずは己を知る必要があります。

「自分のことが一番よくわらかん\(^o^)/」

という人は、ネットで西洋占星術を使った占いを試してみることをおすすめします。
西洋占星術は、出会いの多い(結婚しやすい)時期や、相性の良い相手、生まれ持った資質・性格など、恋愛をする上で知っておくべき情報をズバリ知ることができるからです。

私は占いにこれまで100万円以上つぎ込んできましたが、ネットで評判の占い師さんは本当に面白いくらいあたるのでおすすめです(逆に近所の占い師さんは趣味レベルの方が多く撃沈しました・・・)。
電話やメールを使った占いが主流なのですが、占術師の鑑定時の言葉のニュアンスなどが伝わることから、個人的には「電話占い→メール占い」の順によく利用しています。

とはいえ、合う合わないがあると思うので、無料キャンペーンをうまく活用して占ってもらうことをオススメします。

20代→30代→40代→50代と年齢を重ねる毎に、婚活の成功確率はどんどん減っていきます。無駄な時間を費やさなくても良いように、ぜひ使えるものはどんどん積極的に使ってみてください!



追伸: どの占い師さんがおすすめですか?といった相談はメールをいただけましたら、こっそりお教えしますので、お問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください(会社名とかは空白で大丈夫です!)☆

関連する記事 こんな記事も人気です♪

50代女性の結婚と婚活は職業次第?成功のカギは視点を変えること

50代女性の結婚と婚活は職業次第?成功のカギは視点を変えること

周りはどんどん結婚して、中には成人する子どもや孫がいる人も居る……それが50代女性だと思います。しかし、中には50代になってから結婚を目指して婚活をする人もいるのです。婚活といえば、若ければ若いほど有利――と思い込んでいる人も少なくないでしょう。しかし、50代女性でも望みを捨ててはいけません!50代女性が婚活を成功させるカギは「視点を変えること」。ここでは、50代女性の結婚と職業について見ていきたいと思います。
かおり | 903 view
50代男性の結婚が"絶望的"な理由4つ

50代男性の結婚が"絶望的"な理由4つ

悠々自適に過ごしている独身男性の皆さん。気付けば歳を重ね、結婚したいと思った時にはすでに手遅れ…。なんてことならないように50代男性の結婚がいかに絶望的か解説していきます。
| 14,667 view
厳しい現実を受け入れて最大限の妥協!アラフォー女性の婚活事情

厳しい現実を受け入れて最大限の妥協!アラフォー女性の婚活事情

独身女性もアラフォーとなってくると焦りは隠せませんよね。婚活パーティにいっても飲み会に行っても、年齢を口にした瞬間よそよそしさを感じたりはしませんか。年々プライドだけが大きくなって選ばれないという現実を受け入れられないアラフォー女性。アラフォー女性の婚活に絶対必要なのは、最大限の妥協と譲歩です。アラフォー女性の婚活と妥協点を探ります。
あかねっぴ | 982 view
婚活したいけどデブだからだめ?あきらめないでダイエットから始めませんか?

婚活したいけどデブだからだめ?あきらめないでダイエットから始めませんか?

婚活したいけど、自分の体系に自信がない…? こんなにデブじゃ誰も振り向いてくれない…? ダイエットはしてみるけど続かない...? あきらめないでください。正しい知識を手に入れて、絶対続くダイエットで婚活成功させちゃいましょう!
あかねっぴ | 215 view
「どうせ30代女性なんて、需要ない……」なんて諦めていませんか?30代から始める大人の婚活

「どうせ30代女性なんて、需要ない……」なんて諦めていませんか?30代から始める大人の婚活

婚活というと、20代半ばから後半の女性が多いイメージを持っている方も多いと思います。それを受けて「30代女性なんて、需要ないよね……」と暗い顔をしている女性もいるのではないでしょうか。でも、あなたはまだ30代。無理だからと早々に諦めるてしまうのは早いですよ!
かおり | 444 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

そうた そうた