2017年4月18日 更新

【親、仕事、お金...結婚に関する不安を解消!】非正規男性が婚活を始めるために必要なこと

非正規男性なので結婚は無理...と婚活に消極的になっていても、親孝行や将来のこと等様々な不安を解消するためにできることをまとめてみました。

73 view お気に入り 0

正規社員より非正規社員の方が結婚願望が少ない?

 (13869)

内閣府が発表した2016年版少子化社会対策白書によると、非正規社員の男性は正規男性と比べ結婚率が低いことがもわかっています。

また、同データによると結婚率が低いだけでなく結婚願望についても正規雇用者よりも非正規雇用者の方が低いこともわかっています。

しかし、正規雇用者と比べて低いといっても、約67%の非正規雇用者が「絶対結婚したい」または「できれば結婚したい」と考えているそうです。さらに「どちらでもない」と回答した人は23%おり、この中にはもしかしたら本当は結婚したいと考えている人もいるかもしれません。

このページを見ているあなたもおそらく、結婚に興味はあるという方だと思いますが、色んな不安が邪魔をして胸を張って「絶対に結婚したいんだ!」と言い切れないでいる方もいるかと思います。
男女とも歳が上になると結婚率が上がることに変わりはないが、男性では正規社員が20代後半で1/4強なのに対し、非正規では1割足らずに留まっている。

ポイントは年齢!結婚したいなら早めに行動を

 (13872)

結婚したい!と少しでも感じた時が婚活の始め時です。
「正規社員になってから...」「貯金が貯まったら...」と婚活を後回しにしても、予想以上に時間がかかってしまったり、他の不安要素が邪魔をしてなかなか婚活を始められなくなってしまう可能性もあります。

婚活と就職活動は同時進行で頑張りましょう。
どちらにとっても、年齢は大きな武器になります。
非正規社員の人の中には、親のサポートがあって生活が成り立ってる方もいるかと思います。
親もいつまでも若くありませんので、「今更正規雇用なんて無理」とあきらめてしまう前に若いうちから正規雇用を目指してみることが大切です。
今働いているところで正規社員になれないか打診してみる他に、全く別の企業への就職を目指すことも方法の一つです。

一般的に学校を卒業して3年未満の就業経験がある人を第二新卒と呼びますが、多くの企業が「第二新卒歓迎」としています。たとえ3年未満の経験であっても、会社側はこれまでの経験を評価してくれるのです。
それが非正規社員であっても、同じことだと思います。一度社会に出ていることはあなたにとって強みです。自信をもって正規社員へ応募しましょう!
第二新卒は新卒と社会人の中間的存在。そのため企業には「基本的なビジネスマナーは身に付けているので、新卒よりも育成が楽(手間や費用が少なくて済む)」「社会経験が少ない分、柔軟で適応力が高い」「社風になじみやすい」といったメリットがあると考えられています。

なかなか正規社員になれない...非正規のままでもいいのでは?

 (13875)

思った通りに正社員になれないと、思わず「そもそも、正規雇用でも非正規雇用でも一緒なんじゃない?」「むしろ派遣社員の方が時給が高いから正社員よりも収入が良いような...」と感じる人もいるかもしれません。

確かに、10代後半から20代前半は特に正規社員と非正規社員の給料の差が小さいことはあります。非正規社員だと、働き方が自由だったり、正社員よりも仕事の責任が軽かったりすることがメリットに感じて、なかなか正社員になりたいと思えない人もいるでしょう。

しかしながら、結婚に関して言えば正規社員と非正規社員には明らかに未婚率の差があります。厚生労働省の統計調査によると、30代の非正規男性の未婚率は正規男性の2倍以上です。

収入に関しても、正社員の多くは年に1度の昇給がある場合が多く、年齢を重ねるごとに収入の差はどんどん開いていきます。
非正規社員の場合は、雇用期間が定められていることが多く、ある日突然契約が更新されない日もくるかもしれないという不安もあるのです。

副業で収入アップを

 (13876)

今の仕事の収入に満足できない時はすぐに副業を始めることをおすすめします。
毎月時給アップを交渉するのは難しいですし、それ以外にも副業を始めるメリットがあるんです。

副業と言っても、最近人気のフリマアプリ、オークション、ライティング等いろんな業種があります。この業種の多さが副業のメリットです。
いずれ正社員になったからといって、生涯安泰の約束もないわけですから、今のうちに自分の可能性を広げておくことは自分の身を守るうえで大切なことです。色んな事を試すことはあなたの経験となりますし、この経験がどこで役に立つかわかりません。

もちろん、副業で得た収入を貯蓄に回せばあなたの自信にもつながることでしょう。
終身雇用、年功序列といった従来型の雇用形態が崩れ始めており、今後収入が右肩上がりで増えることは難しくなる。副業などで収入を補強する人が増える可能性大。また、キャリアを強化する意味でダブルスキル、トリプルスキルを求める人も増えつつある。

まとめ

 (13877)

いかがでしたか?

「今は結婚したくないけど、いずれ結婚したい」と思っているとしても、すぐに行動することがポイントということをまとめました。
結婚したいならすぐにでも婚活を始めることと非正規の現状に満足せずに正規社員になることを検討してみることをおすすめします。

若さは誰にとっても最大の武器です。
一日でも早く正規雇用を目指しましょう!

今の収入に満足できていない場合は、まずは副業から始めてみるのもおすすめです。副業といえども、経験を積むことは今後の人生になにか役に立つものがあるはずです。

【必見】恋愛を成就させたいならまずは己を知るべし!

今回の記事はいかがでしたか? 婚活の知識を学ぶことは大事ですが、それだけでは恋は成就しません。

出会いの場がどんどん増えてきているにも関わらず、もしあなたが「自分はいつ結婚できるのか」「結婚につながる良い出会いがこの先にあるのか」と悩みを抱えているのなら、まずは己を知る必要があります。

「自分のことが一番よくわらかん\(^o^)/」

という人は、ネットで西洋占星術を使った占いを試してみることをおすすめします。
西洋占星術は、出会いの多い(結婚しやすい)時期や、相性の良い相手、生まれ持った資質・性格など、恋愛をする上で知っておくべき情報をズバリ知ることができるからです。
無料キャンペーンをうまく活用して占ってもらうことをオススメします。

20代→30代→40代→50代と年齢を重ねる毎に、婚活の成功確率はどんどん減っていきます。無駄な時間を費やさなくても良いように、ぜひ使えるものはどんどん積極的に使ってみてください!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

50代男性の結婚の背後に親の介護の問題あり!幸せになるにはどうすればいい…?

50代男性の結婚の背後に親の介護の問題あり!幸せになるにはどうすればいい…?

独身の50代男性が結婚を考える折に付きまとう問題は親の介護です。年老いていく親に不安な思い、寂しい思いをさせず、幸せになるにはどうすればいいでしょうか?ここでは、親の介護が必要な50代男性がどう婚活すればいいのか、についてご紹介します。
ゆりゆり | 2,204 view
50代男性の婚活で気になる親との同居…婚活を成功させるための相手の探し方

50代男性の婚活で気になる親との同居…婚活を成功させるための相手の探し方

50代で婚活しようと考えた時に、相手の女性が思うのが「相手親と同居するかどうか」という点です。ずっと結婚して長い相手の親でさえ同居は嫌という人が多いので、まだそんなに出会っていない人の親と同居するなんて絶対無理、と考える人も多いです。ここでは、親との同居が必須となる50代男性が婚活でうまくいくコツについてご紹介します。
明日香 | 583 view
非正規男性は結婚出来ない?自分に合う相手を探す方法と相手の親を説得する方法

非正規男性は結婚出来ない?自分に合う相手を探す方法と相手の親を説得する方法

非正規男性=結婚出来ない。そんなイメージを持っていませんか? 女性の結婚相手に求める絶対条件は、男性は就職して正規社員であること! いえいえ、非正規男性を求めている女性もいるんです。ですが結婚するにも自分の親、相手の親の承諾が必要ですよね。 そんな時にどう説得すれば良いのかを、結婚相手を探す方法を交えて順番に説明していきます。
GTking | 636 view
悩める婚活中の非正規男性が"年収"以外の項目で結婚するためにやるべき事とは?

悩める婚活中の非正規男性が"年収"以外の項目で結婚するためにやるべき事とは?

晩婚化が進み、年収が高い正規雇用の男性でも結婚が難しい昨今。将来の保証がなく、年収が低い非正規雇用の男性にとっては「結婚なんて夢のまた夢」と思っていませんか。そんな年収が低い非正規男性でも婚活を進めるうちに、良き伴侶と巡り合えます。今回は、年収が低い非正規男性が結婚できる方法を紹介します。
馬場 | 1,459 view
"非正規だから相手にされない"は違う。非正規男性の婚活がうまくいかない本当の原因

"非正規だから相手にされない"は違う。非正規男性の婚活がうまくいかない本当の原因

非正規男性の多くは、結婚をしたいのにできないことで悩んでいます。婚活の場において「非正規」というだけで「低収入」「不安定」とイメージされ、相手にすらされないことも。でも、非正規でも結婚している人がいる。それには、どんな理由があるのでしょうか?
達也 | 355 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

PIkko PIkko