2017年4月26日 更新

本気で結婚したい50代女性必見!年収や貯金はどのくらい必要?

未婚の50代女性というとキャリアウーマンのイメージがあって、結婚とは縁遠く思われがち。でも本当に結婚したいと思ったら年収もそこそこあって、一緒に生活する相手として同年代の男性からは安心してもらえる可能性は高いんです。では実際にどのくらいの年収や貯金があればいいのか解説していきます。

183 view お気に入り 0

男性でも結婚相手に年収の高さを求めることは意外と多い

 (14557)

結婚を考える時、女性はお相手の男性にできるだけ高い年収を求める人が多いと言われます。
でも、反対に男性からも結婚相手として考える女性には、ある程度の収入を求めている割合が高いんですね。
ある調査によると、結婚相手に選びたい女性の条件に300万円以上の年収を求める男性がなんと、約8割以上いたというのです。

その調査では約6割の女性が、年収300万円より下の方が結婚相手の男性にとっては理想なのではないかと回答しているので、男女には大きな意識の開きがあることになります。
内閣府の調査でも、男女ともに一番結婚できるのは『年収300万円以上の正社員』という結果が出ています。それに、子どもがいる世帯の平均年収は600万円くらいですから、年収300万円程度の男性が相手の女性に同程度の稼ぎを求めるのは自然なことです

50代女性の平均年収ってどのくらい?

「女性 お金」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (6068)

平成27年に国税庁が行った「民間給与実態統計調査」によると、50代女性の平均年収は50代前半で290万円台、50代後半になると270万円台となっています。

20代~30代と違って、50代の女性となると平均年収としての金額にはさまざまな事情が含まれていると言えるでしょう。
ほとんどが正社員として仕事をしている人ばかりではなく、パートやアルバイトで生計を立てている未婚の女性も増えてくる年代です。
バツイチになった状態で再就職先を探している最中の人もいるでしょう。
親の介護にあたる人が増えてくる年代でもあり、仕事を辞めざるを得なくなったり、結婚の際の障害にもなってしまっている可能性もあります。
さらに50代後半になると年収が下がる傾向というのは、55歳で役職定年となり、年収が下がる職場が多いことも原因と考えられています。

50代女性と50代男性では、転職をせずに同じ職場にいる場合、勤続年数も長くなって男性の方が出世しているケースも多くあります。
そのため50代前半の男性は、全年齢の中で平均年収が最も高い年齢層となっているのに対して、50代女性は平均年収が300万円に満たない状況となってしまうようです。

50代女性ならこのくらいの貯金は持っておくべき

 (14558)

50代で未婚、あるいはバツイチという女性は、定年退職した後の老後の生活費として、貯金はそれなりに意識して日ごろから貯めるように意識しているのではないでしょうか。

未婚の50代女性の貯金している額は約700万円くらいという調査があります。
これには2人以上の世帯も入っているので、単身の50代女性はそう遠くない老後に備えて、貯金への意識は高いと言えるでしょう。
さらに日ごろ、大きな病気にかかる可能性もゼロとは言えないことから、1人でも何かあった時に困らないようにするため、貯金を行っている人が多いという結果ではないでしょうか。

50代でその程度の貯金がある女性なら、結婚相手として考える男性も少し安心できるはずです。

長期的に稼げる力を身につけているなら結婚も遠くない

 (14559)

このように、50代女性で結婚を本気で考えているのなら、お相手の男性にとって年収や貯金の面では条件を備えている女性の割合は多いということになります。
単身であっても、自分のことは自分でどうにかなる程度の経済力を身につけていることは、最近の男性が結婚相手に望む条件の1つには、ぴったりあてはまるわけです。
結婚後も年齢的に許す限り、共働きできる可能性も高いわけですから、男性側も安心できる相手と言えるでしょう。

ただ、本気で結婚を望むであれば、お相手の男性にはあまり年収や貯金の面で高望みはしないこと。
専業主婦になろうとして、結婚したら仕事を辞めるということはあまり考えない方がいいかもしれません。
相手から選んでもらうという受け身の戦略が通用するのは20代まで。30歳を過ぎたら、ぼんやり待っていたら良い仕事や素敵な男性が寄ってきた、なんてことは起きません。私が結婚に『活』をつけて、『婚活』という言葉をつくったのは、主体性を大事にしてほしいと思っているから。仕事でも結婚でも、女性は自ら動いていかなくてはなりません

まとめ

「女性 ビジネス」に関する写真|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (6065)

今の50代女性には、独身で仕事をバリバリこなす元気な女性が増えていますよね。
でも実際は「結婚もしてみたい」と考えている女性も少なくはありません。
そんな女性なら、実は男性から結婚相手として見た場合、経済的な面で自立できている分、安心して一緒に人生を歩んでいける相手と考えてもらいやすいのです。

あとは受け身でなく、積極的に出会いの場へ出かけるなどして、お相手に出会えるチャンスを作るようにしましょう。
意外と近い所に出会いのチャンスは転がっているかもしれませんからね。

【必見】恋愛を成就させたいならまずは己を知るべし!

今回の記事はいかがでしたか? 婚活の知識を学ぶことは大事ですが、それだけでは恋は成就しません。

出会いの場がどんどん増えてきているにも関わらず、もしあなたが「自分はいつ結婚できるのか」「結婚につながる良い出会いがこの先にあるのか」と悩みを抱えているのなら、まずは己を知る必要があります。

「自分のことが一番よくわらかん\(^o^)/」

という人は、ネットで西洋占星術を使った占いを試してみることをおすすめします。
西洋占星術は、出会いの多い(結婚しやすい)時期や、相性の良い相手、生まれ持った資質・性格など、恋愛をする上で知っておくべき情報をズバリ知ることができるからです。

私は占いにこれまで100万円以上つぎ込んできましたが、ネットで評判の占い師さんは本当に面白いくらいあたるのでおすすめです(逆に近所の占い師さんは趣味レベルの方が多く撃沈しました・・・)。
電話やメールを使った占いが主流なのですが、占術師の鑑定時の言葉のニュアンスなどが伝わることから、個人的には「電話占い→メール占い」の順によく利用しています。

とはいえ、合う合わないがあると思うので、無料キャンペーンをうまく活用して占ってもらうことをオススメします。

20代→30代→40代→50代と年齢を重ねる毎に、婚活の成功確率はどんどん減っていきます。無駄な時間を費やさなくても良いように、ぜひ使えるものはどんどん積極的に使ってみてください!



追伸: どの占い師さんがおすすめですか?といった相談はメールをいただけましたら、こっそりお教えしますので、お問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください(会社名とかは空白で大丈夫です!)☆

関連する記事 こんな記事も人気です♪

貧乏男性が知っておくべき女性側の事情と雇用形態別で見る結婚確率

貧乏男性が知っておくべき女性側の事情と雇用形態別で見る結婚確率

お金がない貧乏男性は、なかなかすんなりと結婚できません。しかし、しっかりと女性側の事情を把握し、結婚確率や自分がどんな人を探すべきなのかを知っていれば、それだけで道は開けてくるでしょう。ここでは、女性側の事情や男性の雇用形態別でみる結婚確率などについてご紹介します。
みずほ | 647 view
貧乏男性に知ってほしい婚活市場の"現実"。焦りの原因をなくす"自分磨きの方法"

貧乏男性に知ってほしい婚活市場の"現実"。焦りの原因をなくす"自分磨きの方法"

低い収入の貧乏男性は、圧倒的に婚活で不利です。ただ、もう少し細かく婚活市場の現実を知ってからでも遅くはありません。いま婚活している女性が思っている年収について、また結婚したいと思えるタイミング等について、お話します。
みずほ | 4,147 view
悩める婚活中の非正規男性が"年収"以外の項目で結婚するためにやるべき事とは?

悩める婚活中の非正規男性が"年収"以外の項目で結婚するためにやるべき事とは?

晩婚化が進み、年収が高い正規雇用の男性でも結婚が難しい昨今。将来の保証がなく、年収が低い非正規雇用の男性にとっては「結婚なんて夢のまた夢」と思っていませんか。そんな年収が低い非正規男性でも婚活を進めるうちに、良き伴侶と巡り合えます。今回は、年収が低い非正規男性が結婚できる方法を紹介します。
馬場 | 1,280 view
デブで年収が低い男でも結婚できる?デブの定義と結婚を左右する「年収」要因の実態

デブで年収が低い男でも結婚できる?デブの定義と結婚を左右する「年収」要因の実態

自分はデブだし年収も低いし、結婚なんて二の次…だと思っているそこのあなた。本当にあなたはデブですか?世の中は高収入しか求めていないのですか?一度自分を見つめなおすきっかけとして読んでみてください。
raku2ra | 293 view
非正規男性の年収は?結婚への選択肢

非正規男性の年収は?結婚への選択肢

多様化する雇用形態や家族形態から考えても、男女のうち男性だけが正規雇用でなければならないという価値観も時代とともに少しずつ変わりつつあります。一概に、非正規雇用であることや年収が低いことを悲観せず、ポジティブに未来を描いてみましょう。
さんちゃん | 241 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

そうた そうた