2017年3月8日 更新

「どうせ30代女性なんて、需要ない……」なんて諦めていませんか?30代から始める大人の婚活

婚活というと、20代半ばから後半の女性が多いイメージを持っている方も多いと思います。それを受けて「30代女性なんて、需要ないよね……」と暗い顔をしている女性もいるのではないでしょうか。でも、あなたはまだ30代。無理だからと早々に諦めるてしまうのは早いですよ!

438 view お気に入り 0

「30代女性なんて需要ないよね……」なんて思っていませんか?

本にもたれる女性3|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2051)

気が付けば、生まれてから30年……周りは次々結婚し、すっかりご祝儀貧乏。これまで贈ったたご祝儀は数知れず、自分に返ってくる予定は全くない。
友達と集まれば旦那と子どもの話。そうでなければ彼氏の話。
自分だけ取り残されたように感じる今日この頃――。
そんな30代女性も少なくないかと思います。
「自分も結婚したい!」とは思っていても、妙なプライドが邪魔をして婚活を始める気にもなれず、「どうせ30代女性なんて需要ないから」と最初から諦めていませんか?
でも、30代で諦めるなんて、勿体ないことこの上ありません!
もう30代ととるか、まだ30代ととるかは人それぞれですが、あなたは人生100年の内30年しか生きていないのです。
結婚適齢期は人それぞれ。
「需要ない」なんて決めつけず、今日からでも行動を起こしましょう!
きちんと自分に合った場で婚活をすれば、まだまだお相手が見つかります。
厚生労働省による人口動態統計を見てみると、平均初婚年齢は未婚者数の減少と同時に緩やかに減少しており、30歳を過ぎると急減するという現象を見ることはできないのです。

30代女性の婚活は厳しい?

クッションを抱えて考える女性2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2061)

婚活をしている多くの若い男性は、子どもを持つ都合、30代後半の女性を最初から除外して相手探しをしています。
医療技術は日々進歩していますが、高齢に差し掛かるほど妊娠・出産の際のリスクが高くなるのは避けられません。
そのため、妊娠・出産の際のリスクが比較的低い年齢の女性を中心に相手を探しているのです。
当然、そのような男性ばかりいる場所で婚活をしても、需要はありません。
自分ではどうすることもできない年齢で、まず除外されてしまうのです。

・婚活対象は自分より年上か同年代が狙い目

若い男性には相手にされないかもしれませんが、同年代かそれ以上の男性であればまだまだ需要はあります!
年齢相応の落ち着きがあり、清楚で上品な女性を目指せば、30代でも需要はあるのです。

また、年上好きの20代男性も30代の大人の女性を探している場合が珍しくありません。
あなたが年下好きで面倒見の良い人なら、尚のこと気の合うお相手が見つかる可能性があります。
 (2566)

しかし20代の男性の場合、40代以上の女性は親の世代です。そうなると、女性として見るよりも「親戚のおばさん」や「母親の友達」「同級生の母親」のような目線で見る向きが強くなります。
年上好きの20代男性にとって30代女性は、「年上だけど年上過ぎない絶妙な年頃の女性」なのです。

30代女性が婚活をするなら「エレガント」に!

花|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2073)

「自分はまだまだ若い!」とアピールするために、無理をしてギャルのような服を着ていたりしませんか?
あるいは、若い頃のメイクをそのまましていませんか?

30代女性が婚活をするのであれば、若作りは無用です。
若く見えることよりも「年相応」に見えることを意識しましょう。
メイクは清潔感のある落ち着いたメイクがおすすめです。
着る服も「清楚」や「エレガント」をキーワードに選んでみてください。

30代という絶妙な年齢だからこそ「年相応の落ち着きと安心感」そして「女性らしい柔らかくエレガントな雰囲気」をアピールしていきましょう。
 (2576)

男性は、女性に安心感や落ち着きを求める人が多いといいます。
若々しさも魅力の一つではありますが、婚活の場では男性が「癒される」「この人ともっと一緒に居たい」と思えるような装いを心がけてみてください。
また、仕草も重要なポイントです。
無理にお上品な仕草をする必要はありませんが、大人の女性として余裕のある振る舞いは心がけたいもの。
自分だけでなく、相手や周りの人の様子にも気を配って、困っている人がいればさりげなく手を差し伸べる程度の余裕があると男性からの印象も良いのではないでしょうか。

最後に

どんなにメイクやファッションに気を使い、若々しいスタイルを保つ努力をしていても、30代女性は30代女性です。
20代に若返ることはできません。そして、これから40代50代と齢を重ねていきます。
30代のあなたにしかない魅力に自信を持って、良いお相手を探してください。
 (2573)

【必見】恋愛を成就させたいならまずは己を知るべし!

今回の記事はいかがでしたか? 婚活の知識を学ぶことは大事ですが、それだけでは恋は成就しません。

出会いの場がどんどん増えてきているにも関わらず、もしあなたが「自分はいつ結婚できるのか」「結婚につながる良い出会いがこの先にあるのか」と悩みを抱えているのなら、まずは己を知る必要があります。

「自分のことが一番よくわらかん\(^o^)/」

という人は、ネットで西洋占星術を使った占いを試してみることをおすすめします。
西洋占星術は、出会いの多い(結婚しやすい)時期や、相性の良い相手、生まれ持った資質・性格など、恋愛をする上で知っておくべき情報をズバリ知ることができるからです。

私は占いにこれまで100万円以上つぎ込んできましたが、ネットで評判の占い師さんは本当に面白いくらいあたるのでおすすめです(逆に近所の占い師さんは趣味レベルの方が多く撃沈しました・・・)。
電話やメールを使った占いが主流なのですが、占術師の鑑定時の言葉のニュアンスなどが伝わることから、個人的には「電話占い→メール占い」の順によく利用しています。

とはいえ、合う合わないがあると思うので、無料キャンペーンをうまく活用して占ってもらうことをオススメします。

20代→30代→40代→50代と年齢を重ねる毎に、婚活の成功確率はどんどん減っていきます。無駄な時間を費やさなくても良いように、ぜひ使えるものはどんどん積極的に使ってみてください!



追伸: どの占い師さんがおすすめですか?といった相談はメールをいただけましたら、こっそりお教えしますので、お問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください(会社名とかは空白で大丈夫です!)☆

関連する記事 こんな記事も人気です♪

30代で結婚できない女性は年収を求めすぎている?アラサー未婚女性にピッタリの男性とは?

30代で結婚できない女性は年収を求めすぎている?アラサー未婚女性にピッタリの男性とは?

30代の結婚できない女性の65.5%以上が男性に「400万円」以上の年収を求めていると言われています。でも、男性の年収は重要なことで、幸せな夫婦生活を送れるか決まりますよね。そこでアラサー未婚女性にピッタリの男性のタイプについて解説します。
さおちゃん | 1,551 view
厳しい現実を受け入れて最大限の妥協!アラフォー女性の婚活事情

厳しい現実を受け入れて最大限の妥協!アラフォー女性の婚活事情

独身女性もアラフォーとなってくると焦りは隠せませんよね。婚活パーティにいっても飲み会に行っても、年齢を口にした瞬間よそよそしさを感じたりはしませんか。年々プライドだけが大きくなって選ばれないという現実を受け入れられないアラフォー女性。アラフォー女性の婚活に絶対必要なのは、最大限の妥協と譲歩です。アラフォー女性の婚活と妥協点を探ります。
あかねっぴ | 954 view
50代女性の結婚と婚活は職業次第?成功のカギは視点を変えること

50代女性の結婚と婚活は職業次第?成功のカギは視点を変えること

周りはどんどん結婚して、中には成人する子どもや孫がいる人も居る……それが50代女性だと思います。しかし、中には50代になってから結婚を目指して婚活をする人もいるのです。婚活といえば、若ければ若いほど有利――と思い込んでいる人も少なくないでしょう。しかし、50代女性でも望みを捨ててはいけません!50代女性が婚活を成功させるカギは「視点を変えること」。ここでは、50代女性の結婚と職業について見ていきたいと思います。
かおり | 855 view
婚活したいけどデブだからだめ?あきらめないでダイエットから始めませんか?

婚活したいけどデブだからだめ?あきらめないでダイエットから始めませんか?

婚活したいけど、自分の体系に自信がない…? こんなにデブじゃ誰も振り向いてくれない…? ダイエットはしてみるけど続かない...? あきらめないでください。正しい知識を手に入れて、絶対続くダイエットで婚活成功させちゃいましょう!
あかねっぴ | 211 view
結婚出来ないアラサー女性が増加傾向に?!今からでも間に合う3つの婚活対策

結婚出来ないアラサー女性が増加傾向に?!今からでも間に合う3つの婚活対策

「もう30代になってしまったから結婚できない」と思っていませんか?でも、それは間違い。結婚できるように対策をすれば、明るい未来を手に入れるチャンスが増えるかもしれません。そこで、ここでは30代の未婚女性が増加している理由と、オススメできる婚活対策をご紹介していきます。
ショウマ | 162 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

かおり かおり