2017年3月26日 更新

非正規男性はつらいよ・・・婚活から受けるダメージは攻め方を間違ったせい?!

いざ、婚活をはじめて気づくこと。それは「精神的なダメージによる疲労困憊がひどすぎる!」ということ。非正規男性にとって婚活のつらい部分はどこなのでしょうか。そして、つらい婚活から抜け出すにはどうしたらいいのかまとめてみました。

157 view お気に入り 0

婚活からうける精神的ダメージがつらい

合コンで惨敗した非モテ男子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (8188)

自己紹介をした後の女性の視線がつらい

婚活パーティー・お見合い・友人の紹介。出会いの場を設ければ、その分自己紹介がありますよね。
「ご職業は?」と当たり前のように聞かれます。

「非正規社員です」と自信を持って答えられる人はどれくらいいるのでしょうか。
普段は別に他人に引け目を感じていなくとも、婚活などの結婚相手や恋愛相手が絡んでくると、どこかコンプレックスのように感じてしまうことはあると思います。
しかもそれがパーティースタイルの婚活だと、何度も答えなければならないので答えるのがつらくなってきますよね。

視線がつらい

「非正規社員です」
そう答えた時の女性の視線には3通りあると思います。


①一瞬間があるも、何も気にしてないように取り繕う

間がある時点で「気にしてるんだろうな・・・」と察しがつきます。
その時点で、結婚相手に選ばれる可能性は低いとあきらめたくなりますよね。

②全く気にした素振りが見えない

相手の職業に対して全くの無頓着の人もいます。キャリアウーマンなどは、自分にも収入があるし結婚後も仕事をやっていきたい人が多いので、相手にはある程度の収入があればいいと思う人も多いようです。

③明らかにがっかりした視線

それまで空気もよくお話していたのにもかかわらず、「非正規社員」と聞いただけでなんとなくよそよそしくなる女性も多いです。結婚を前提として出会いを求めているので、そういった態度も仕方ない部分なのかもしれませんが、やはりいい気持ちはしません。

断られるのがつらい

非正規男性が結婚相談所で相手を探しても、10人中1人会ってくれればいい方と聞きます。

結婚相談所にお金を払って結婚相手を探している女性は、わざわざ「非正規社員」を選ばずに「正規社員」を条件にあげている人がほとんど。
中には、なかなか相手が見つからなくて仕方ないから条件を下げている。という女性が多いのが現実です。

非正規社員は断られて当たり前の覚悟で挑みましょう。

婚活貧乏

[フリー写真] すっからかんの財布でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (8024)

非正規社員は収入も安定しなく、正社員の相場よりも月の収入は低いのがネックになっています。
しかし、婚活においてはどんな男性もかかる費用は同じ。
「非正規社員割引」があるはずもなく、婚活サイトや結婚相談所の費用、いざ女性と会えた時の費用など男性にかかる負担は大きいです。

元々収入の少ない男性は、複数の婚活を有料でするのは無理がありますよね。

その分出会いも減り、婚期を逃がしてしまうこともあります。
そして何より、裕福ではない暮らしなのに婚活によって切り詰められてしまうケースも少なくありません。

成果がなければ『攻め方』を変えよう!

つらいことばかりでなかなか成果をあげられないのは、『攻め方』を間違っているのかも知れません。
1回1回の婚活をムダにしないためにも、女性が求める男性像を確認しましょう。

女性が考える結婚相手の条件

条件 トップ10

1位:自分への愛情
2位:家事を協力してくれる
3位:価値観
4位:安定した経済力
5位:優しい
6位:金銭感覚が同じ
7位:子ども好き
8位:尊敬できる
9位:包容力がある
10位:ユーモアのセンスがある
意外だと思う人もいるかもしれませんね。
女性は男性が思うよりも経済力をそこまで重視はしていないようです。
それよりも、価値観が合う・尊敬できる・家事を協力してくれるなど内面的な部分を多く求めているようです。

そうなると、非正規男性にも勝ち目はあると思いませんか?
経済力は確かに正規男性に比べ劣る部分ではありますが、今の時代夫婦で共働きが多くなっています。
これだけすばらしい内面を持っているとアピールして、『経済面は2人で補えばいい』と女性に思わせることができたら、『結婚』は近いです。

女性が考える理想の夫婦

[フリー写真] すっからかんの財布でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (8027)

女性は、理想としての未来理想図を持っている人が多いです。
しかし、男性は結婚したら子供は2人で・・・など家族構成や、建てる家などの未来理想図は持ちますが、なかなか夫婦の形の未来理想図を考え表現する人は少ないです。

女性は夫婦としてどんな形を歩んでいきたいのでしょうか。
女性の未来理想図

●なんでも言い合える夫婦
●家事・育児を2人でやる
●結婚後、歳をとっても仲よく過ごせる夫婦
●お互いを認め合える夫婦
お互い思いやる気持ちが大事です。喧嘩しても、ひっぱらず、ちゃんとおれる部分が必要だと思います。おじいちゃんおばあちゃんになっても、穏やかに暮らせるのが理想です。
(大阪府)
家事や育児・認め合える(尊敬できる)など、結婚相手に求める条件と合致する部分がありますね。
女性は理想の夫婦像があるからこそ、男性には内面的な条件が多いのかもしれません。

女性の想い描く夫婦像を考え、自分の理想像を想像してみましょう。
自分には何が必要か、そして何ができるのかわかれば・・・女性にアピールする方法もわかるはずです。

つらい婚活から抜け出すために

「婚活がつらい」そう感じたら、視点を変えてみましょう。
未来に理想もない男性よりも、理想がある男性の方が計画性や信頼性が増します。
自分の変わらないデメリットを嘆くよりも、男性としてどんな家庭を築いていきたいのかもう一度見直しましょう。

【必見】恋愛を成就させたいならまずは己を知るべし!

今回の記事はいかがでしたか? 婚活の知識を学ぶことは大事ですが、それだけでは恋は成就しません。

出会いの場がどんどん増えてきているにも関わらず、もしあなたが「自分はいつ結婚できるのか」「結婚につながる良い出会いがこの先にあるのか」と悩みを抱えているのなら、まずは己を知る必要があります。

「自分のことが一番よくわらかん\(^o^)/」

という人は、ネットで西洋占星術を使った占いを試してみることをおすすめします。
西洋占星術は、出会いの多い(結婚しやすい)時期や、相性の良い相手、生まれ持った資質・性格など、恋愛をする上で知っておくべき情報をズバリ知ることができるからです。
無料キャンペーンをうまく活用して占ってもらうことをオススメします。

20代→30代→40代→50代と年齢を重ねる毎に、婚活の成功確率はどんどん減っていきます。無駄な時間を費やさなくても良いように、ぜひ使えるものはどんどん積極的に使ってみてください!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

悩める婚活中の非正規男性が"年収"以外の項目で結婚するためにやるべき事とは?

悩める婚活中の非正規男性が"年収"以外の項目で結婚するためにやるべき事とは?

晩婚化が進み、年収が高い正規雇用の男性でも結婚が難しい昨今。将来の保証がなく、年収が低い非正規雇用の男性にとっては「結婚なんて夢のまた夢」と思っていませんか。そんな年収が低い非正規男性でも婚活を進めるうちに、良き伴侶と巡り合えます。今回は、年収が低い非正規男性が結婚できる方法を紹介します。
馬場 | 1,473 view
"非正規だから相手にされない"は違う。非正規男性の婚活がうまくいかない本当の原因

"非正規だから相手にされない"は違う。非正規男性の婚活がうまくいかない本当の原因

非正規男性の多くは、結婚をしたいのにできないことで悩んでいます。婚活の場において「非正規」というだけで「低収入」「不安定」とイメージされ、相手にすらされないことも。でも、非正規でも結婚している人がいる。それには、どんな理由があるのでしょうか?
達也 | 363 view
非正規男性は見逃さないで!婚活の成功率が上がる時期と狙いどころ

非正規男性は見逃さないで!婚活の成功率が上がる時期と狙いどころ

婚活を始めるのに適切な時期っていつなのか?男女でその時期は異なりますが、婚活にとって、ベストタイミングの時期と年代別で、成功率が上がりやすいターゲット層があるのです。婚活組のなかでも苦戦を強いられやすい非正規男性にとって、これは絶対に見逃せないチャンスです!
達也 | 217 view
非正規男性の婚活では★趣味が重要★

非正規男性の婚活では★趣味が重要★

女性は時代の流れとともに、男性の雇用形態を以前より気にしなくなっています。趣味や女性との相性を重視して、婚活をしてみてはいかがでしょうか。女性の中には非正規男性ということも気にせず、受け入れてくれる人も多くいますよ。
さんちゃん | 120 view
非正規男性でもイケる!婚活でモテる服装とは?

非正規男性でもイケる!婚活でモテる服装とは?

婚活パーティーやイベントなど、短い時間でいかに相手に興味を持ってもらうか。そればズバリ見た目、“第一印象”が鍵を握っています。顔立ちや髪型よりも、遠くから見て「あの人いいな」と思わせるポイントは“服装”にあります。普段スーツを着慣れていない非正規男性でも、イベントなどの場で好印象を持ってもらえる服装のポイントをご紹介します。
poppo | 127 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

チーズman チーズman