2017年3月30日 更新

30代後半男性は婚活している際に「勘違い」していないか?

30代後半になってくると、ずっと続けていた婚活も「もう無理」と思っている方が多いのではないでしょうか?しかし、婚活をしてきても、なぜ結ばれないのか、もしくは出会いが無かったのか考えたことはありますか?どうして、30代後半になっても婚活ばかりしていているのか…。それは、ある勘違いをしているからかもしれませんよ。あなたは当てはまらないでしょうか?

295 view お気に入り 0

30代後半で婚活しているのは勘違い?

恋人に別れを告げられ言葉がでない | 「frestocks(フリストックス)」フリー素材やモデル写真 (10287)

30代後半で婚活しているのは、何か勘違いをしている可能性が高いというのはご存知でしょうか?

「そんなことはない!」と思っているそこのあなた。

当てはまっている部分がないか、チェックしておきましょう。

①自慢話をする

自分の人生経験や今までの経緯などを話す際に、自慢話になってはいませんか?

自分では自慢話になってはいないと思っていても、実は女性に飽きられているのを知っているでしょうか?

もしも、女性に話をした時に「へ~」などのあまり聞いていないような相槌が聞かれたら、もう自慢話になっている可能性が高いです。

②モテると誤解

まだまだ、30代でもモテるから、婚活に対しても焦らなくていいと思ってはいませんか?

30代でモテることは減っていきます。

やはり、どんなに頑張っていても「おじさん」化してきてしまうもの。
見た目も中身も「おじさん化」してきていることにより、20代からは煙たく感じられ、30代の女性にもおじさんであれば魅力を感じられず、「異性」として見ることは出来なくなります。

「ダンディーな年上の人」ならモテるのだから、30代でもモテるでしょ?と思っているのは、本当に危険なこと。
ダンディーな年上はモテるための努力をしているものです。

まだまだ、30代だから女の子に声をかけられるというのはモテるのではなく、ただ単に「お金」として使われるための可能性の方が高いですよ。
お金を出してばっかりだという男性、要注意です。

③理想が高い

30代後半の婚活といっても、まだまだモテると思っている人に多い話かもしれませんが、女性の理想像を追い求めてはいませんか?

例えば、料理はいつも一汁三菜をしっかりとして作ってほしい、自分の時間を作れるように配慮してほしい、いつも部屋は綺麗に整えてほしい…などなど。

「○○してほしい」が多く、さらには可愛い子か綺麗な子なんて付け加えてもいないでしょうか?

「○○してほしい」と思うことは思想の自由ですが、女性は妻になる人です。家政婦ではありません。何でも、家事に対してや身の回りのことについて、あれもやってこれもやってと言っていては、「私は家政婦になるために結婚したのではない!」と喧嘩の日々になること間違いなし…。

さらに、「可愛い子」「綺麗な子」と思っていては、いつまでも運命の人は現れません。

ドラマのような劇的な出会いを30代後半でも待ち続けているのは勘違いです。

ドラマの世界はドラマの中だけ。
現実世界の女性を見ていきましょう。

④いらないアピール

①の自慢話をするに似ているかもしれませんが、不要アピールをしていませんか?

不要なアピールと言われると、わからないかもしれませんが…。
例えば、一番怖いアピールが「好きだ」ということではなく、「一途でもう君しか考えられない」というアピールです。

付き合ってからや結婚してから、一途なアピールは嬉しいもの。
しかし、出会いの場ですぐに「君しか考えられない」なんて言葉を受けると、逆に「ストーカー気質」と思われ、恐怖感を持たれてしまうかもしれません。

出会いの場で「この子だ」と思ったのであれば、「君のこと気になっている」ぐらいのアピールにしましょう。そのくらいのアピールだと、さり気ない態度、ここぞという時の態度などメリハリのついた態度を取ることができ、女子も惹かれていきます。

⑤女性の話ばかり聞く

女性の話を聞くことは大切とよく聞いたことがあると思います。

女性が話したいのであれば、それを聞くことは大事であるということで、女性の話ばかりを聞き出す事とは違います。つまり、質問攻めをしても仕方ないということです。

「好きな食べ物は?」
「○○だよ。」
「そうなんだ!じゃあ、好きな動物は?」

などと会話していくと、自分の話をしていないで、女性ばかりに質問になっていますよね。
食べ物の話を振ったのであれば、自分は何が好きなのか、もしくは同じものが好きとなれば、女性も嬉しく思い質問しなくても会話が盛り上がります。

「食べ物で何が好き?」
「○○だよ。」
「本当に?俺も好きなんだよね。○○のお店の食べたことある?」
「ある!○○は行ったことある?」

などと会話すると、次々話題が出てきたり共通の部分が多く見つかり、お互いに「良い人かもしれない…」という印象を持つことができるかもしれませんよ。

会話の方法もしっかりと女性をエスコートしつつも、自分の情報もさり気なく入れられるようにすることが大切です。

30代後半でもモテるためにはどうしたらいい?

・収入が安定していて経済力がある。
・口が上手くなくて誠実である。
・包容力がある。
・やさしさがある。
・社会的地位を獲得している、もしくは仕事に真面目である。
・女性に対してジェントルマンである。
・余裕がある。
上記は、30代の中でもモテると言われる男の条件一覧です。

やはり、紳士・誠実・優しさといった大人の男だからこそ出せる部分をしっかりと出せる男性がモテるようです。

自分はモテるからと思っているだけで、何も努力せずにいると、あっという間に結婚や婚活が難しくなる40代や50代になってしまいます。

勘違いを捨て、モテる行動に変えてみましょう。

最後に…

殴られるのが嬉しいドM男 | 「frestocks(フリストックス)」フリー素材やモデル写真 (10291)

女性も男性も、年齢を増すごとに婚活は難しくなってくるもの。

芸能界では、歳の差婚や30代後半でも結婚を続々する人がいますが、それは夢のような話。

そんな夢や勘違い行動から早く抜け出し、婚活成功出来るようにしましょう。

【必見】恋愛を成就させたいならまずは己を知るべし!

今回の記事はいかがでしたか? 婚活の知識を学ぶことは大事ですが、それだけでは恋は成就しません。

出会いの場がどんどん増えてきているにも関わらず、もしあなたが「自分はいつ結婚できるのか」「結婚につながる良い出会いがこの先にあるのか」と悩みを抱えているのなら、まずは己を知る必要があります。

「自分のことが一番よくわらかん\(^o^)/」

という人は、ネットで西洋占星術を使った占いを試してみることをおすすめします。
西洋占星術は、出会いの多い(結婚しやすい)時期や、相性の良い相手、生まれ持った資質・性格など、恋愛をする上で知っておくべき情報をズバリ知ることができるからです。
無料キャンペーンをうまく活用して占ってもらうことをオススメします。

20代→30代→40代→50代と年齢を重ねる毎に、婚活の成功確率はどんどん減っていきます。無駄な時間を費やさなくても良いように、ぜひ使えるものはどんどん積極的に使ってみてください!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

30代後半男性の「勘違い」が痛い!これだから婚活が上手くいかない!

30代後半男性の「勘違い」が痛い!これだから婚活が上手くいかない!

30代後半はすでに「人生の曲がり角」です。それなのにいまだに流暢に構えている独身男性も多いようです。「これからまだ理想の女性に出会えるはず」「まだ若い女性と結婚できる」といった思い込みを持ち、婚活すら始めようとしない男性はもう少し危機感を持ちましょう。あなたのその思い込みやちょっとした勘違いは「結婚」を逃してしまうことにもつながります!
annnie | 1,546 view
それ、独身まっしぐらですよ。婚活で40代女性がしている勘違い

それ、独身まっしぐらですよ。婚活で40代女性がしている勘違い

「そんなに多くは望んでないの、私を好きになってくれる男性がいれば結婚したい」なんて発言しがちなのが40代女性の特徴です。謙虚さをアピールしているつもりが、心の声がだだ漏れなのがアラサーのイタイところ。どこまでも勘違いしてしまう彼女達の特徴を紹介します。
ハチ公 | 7,886 view
30代婚活|勘違い女はヤバイ面白いwww

30代婚活|勘違い女はヤバイ面白いwww

30代で婚活をしている女性をみると、面白いくらい勘違いしている人がいます。誰がどうみても「あ~結婚できないな」という勘違い女の特徴とは?
ハチ公 | 14,212 view
【勘違い男】の結末…婚活ってこんなに難しかったけ?

【勘違い男】の結末…婚活ってこんなに難しかったけ?

結婚はすぐに出来ると高を括っている人ほど「勘違い」しているかもしれません。特に婚活をしている時に、多くの女性から「この人勘違いしすぎ!」との声があがるほど…。勘違いに気づかないまま婚活を進めた男性はどうなるのでしょうか…?
【年収400万円で大丈夫?】30代後半男性の婚活に必要な年収

【年収400万円で大丈夫?】30代後半男性の婚活に必要な年収

30代後半男性が婚活を成功させるのに必要な年収、気になりますよね。 さすがに高年収の代名詞ともいえる「年収1000万円」を求める人は少ないですが、どの程度収入が必要なのか、佐々間な調査結果をまとめてみました。
PIkko | 2,343 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

がんchan がんchan