2017年4月26日 更新

非正規男性でもイケる!婚活でモテる服装とは?

婚活パーティーやイベントなど、短い時間でいかに相手に興味を持ってもらうか。そればズバリ見た目、“第一印象”が鍵を握っています。顔立ちや髪型よりも、遠くから見て「あの人いいな」と思わせるポイントは“服装”にあります。普段スーツを着慣れていない非正規男性でも、イベントなどの場で好印象を持ってもらえる服装のポイントをご紹介します。

144 view お気に入り 0

人の印象は5秒で決まる

Free image of suit, tuxedo, wedding - StockSnap.io (12850)

初めて会った人に持つ印象「第一印象」は、なんと3〜5秒で決まると言われています。

第一印象を覆すためには、約2時間かけてじっくりと対話する必要があると言われています。つまり“本当の自分は第一印象とは違う”ということを、人柄や性格などの要素を相手にわかってもらえるように伝える必要があります。
コミュニケーション能力に長けている人は、対話や関わりによって第一印象を覆すことは難しくないかもしれません。しかし、不得意な人にとってはより多くの時間を必要とします。
人間関係を築くうえで大切な第一印象ですが、視覚から得る情報として大部分を占める“服装”は、私たちが思っている以上に重要なのです。

また、非正規男性は正社員として働いている男性よりも社会的信用が得られにくいことで悩んでいる方も少なくないと思います。一度は聞いたことのある大企業で働いている男性や、公的な職種に就いている男性と比べると、非正規男性が女性に与える印象はどうしても弱くなってしまいがちです。
社会的信用を証明する肩書きが弱い非正規男性にとっては、やはり見た目でカバーする必要があるのです。

第一印象が「婚活の成功率」を握っている理由

“第一印象を占める見た目の割合” は9割

“メラビアンの法則”という用語を聞いたことはありますか?
心理学用語のひとつで、第一印象を決める要素の9割が見た目や態度、声のトーンなどの情報であるという実験結果のことです。よく就活セミナーなどで引用されることが多いので、一度は聞いたことのある人もいるのではないでしょうか。

例えば、ヨレヨレのスウェットを着ている男性と、シワひとつないスーツに磨かれた革靴を履いた男性が、同じ内容の話をしているとします。きっとスーツを着た男性に対しての方がより「信用できそうだ」という印象を持つのではないでしょうか?

また、第一印象を決める段階での会話というのは、社交辞令や世間話であることが多いでしょう。会話の内容はそんなに重要ではありません。
メラビアンの法則における残り1割は会話の内容だと言われています。親しくなるにつれて会話の内容も重要視される傾向にありますが、やはり最初は服装や身に付けているもの、話し方や態度、声のトーンなどが重要なのです。
初めて会った時に、女性は目の前の男性が自分にとって恋愛対象に入るか否か瞬間的に判断してしまう。 この判別能力は男性よりも優れていて、一度一目惚れで気になりだしたら男以上に大好きになります。 顔が好みかどうかもそうですが、それよりも全体としての印象で評価が決まるので 雰囲気イケメンになれれば婚活でモテることができるでしょう。 逆に言えば一度「ダメだな、相性が悪そうだな」という烙印を押されてしまうと挽回するのは大変だということです。 相手の目を見た瞬間、挨拶の第一声で第一印象の全てがかかってると思って、出会って初めの5秒で口説くつもりで 頑張りましょう。

「TPOを考慮できる常識的な人だ」という印象を与えられる

Free image of clothing, suits, tuxedo - StockSnap.io (12849)

パーティー式の婚活イベントはフォーマル寄りであることが多いと思います。
趣味に特化した婚活イベントに関してはその限りではありませんが、やはり「TPOに合わせて服装を変える」という常識を持っていることは大切です。
状況判断ができて、その場に適した格好や言動を取ることができるという常識的な態度は好印象です。正社員や非正規社員などは関係ありません。

フォーマル寄りの服装として代表的なものはスーツですが、普段スーツを着ない職種の人はスマートカジュアルがおすすめです。カジュアルすぎる服装は適しませんが、きちんとしている印象を与えつつもお洒落で、非正規社員でも気合の入りすぎていない適切な格好だと、ノーマルな婚活イベントでは好印象を狙えます。

女性からの“オシャレ”を理解して印象UP

婚活イベントで女性から「あの人オシャレだ」と思われる服装だと、他の参加者よりも一歩リードできます。男性から見てもオシャレな女性には目が行きますし、良い印象を持ちますよね。

しかし、逆に言うと「あの人ダサくない…?」と思われるような服装だと、顔立ちや学歴が良くても“ダサい”という印象が付きまといます。
また、男性にとってはオシャレだと思うものでも女性からするとダサいと感じたりすることもあるので、女性が思う“オシャレ”を理解しましょう。

ポイントは“清潔感”と“シンプル”です。
清潔感とは文字通りで、シワが寄っているシャツやジャケット、汚れている靴などは避けましょう。素敵なデザインの洋服を身につけることを“オシャレ”だと思う人も多いと思いますが、洋服や靴、身に付ける装飾品をメンテナンスし、大切に使うこともまたオシャレのひとつです。

また、“シンプル”は“地味”とは違います。落ち着いた色味の服装でもカラーリングやアイテムの合わせ方によって、年相応の落ち着いた大人の男性像を演出できます。色味ではなく、デザインや服の質感などでもオシャレは可能なのです。
もちろん柄シャツや原色カラーの服装など、カラフルな印象を与える服装は避けましょう。10代や20代前半の若者なら許される派手な格好も、婚活イベントという場では悪目立ちしてしまい、印象ダウンに繋がります。
婚活パーティー、お見合い、どちらも同じことが言えますがどんなに前情報が分かっていても、やはり大事なのは 第一印象になります。

もちろん好みの顔というのは誰にでもありますが、顔の前に髪型と服装に目が行くのが女性です。
「あの人とは話してて楽しかったけどちょっとダサかったかな??」という話題にされてしまったら終わりです。

また逆に、おしゃれにスマートな着こなしをしている男性を見ると、それほど好みではなくても、
「なんかあの人センスいいよね!」とポイントの高い評価を得ることができます。

婚活で一歩リードできるファッションポイント

1. スマートカジュアルが理想的

Free image of suit, tie, guy - StockSnap.io (12848)

やはり定番のスマートカジュアルな格好は好印象です。
ジャケット+パンツ、ジャケパンと呼ばれるスタイルをチョイスしましょう。かっちりとしたスーツで決めるのも良いですが、非正規男性は少しカジュアルダウンした服装の方がトライしやすいのではないでしょうか。

ジャケットはできるだけ仕立ての良い物を選びましょう。ジャケットの形がカッチリとしていて美しいと、中のシャツやパンツが高価な物でなくとも品格良く見えます。
また、パンツはチノパンなどのカジュアル寄りのアイテムを選びましょう。パンツもジャケットと合わせてしまうとフォーマルすぎる雰囲気になってしまいます。
ただし、ジーンズはカジュアル色が強すぎるので避けましょう。
足元は革靴を選べるとポイントアップに繋がります。ジャケパンスタイルにスニーカーを合わせるファッションも流行していますが、少し難易度が高いです。
失敗しないためにも、メンテナンスされた革靴をチョイスするのが無難でしょう。

親しみやすさ抜群のニットもアリ

基本的にジャケットのインナーにはシャツを合わせるのが定番ですが、薄めのニットを合わせる格好も好感度が高いファッションです。
ニットに挿し色を入れたり、全体の雰囲気を壊さない程度の柄など、“遊び”を入れられるアイテムとして優秀です。ファッション関係や美容師などの職種の人は特に、少しカジュアル寄りのファッションの方がイメージに合っていて良いかもしれません。

ただ一点、コーディネートが難しいという難点があります。ジャケットとのカラーリングやニット丈のバランス、着膨れしないような質感を選ぶことなど、いくつかポイントがあるので注意が必要です。
カジュアルな婚活パーティーや20代後半~30代前半の男性におすすめの服装は、ジャケットのインナーにニットやカットソーを合わせたコーディネート。
シャツよりもカジュアルダウンできるので、気軽な婚活パーティーにぴったりです。
軽い着心地なので、日ごろジャケットを着慣れていない非スーツ男子にもおすすめです。

ブランド物で固めすぎない

Free image of watch, people, man - StockSnap.io (12852)

ブランド物は、その人のステータスやセンスの良さを表現するアイテムとして重要ですが、たくさん身につければ良いというものではありません。
もちろん高価なものなので、「収入面で不安定そうだ」という印象を持たれやすい非正規男性がブランド物で固めてしまうと、金銭感覚を疑われて逆に不信感を持たれてしまいます。

明らかにブランド物だとわかるアイテムは数点に抑えましょう。例えば腕時計や財布、ネクタイなど、“数は少なくとも大切に使っている一点のブランド物”の方が女性からの印象は良いはずです。

やりすぎないオシャレを目指そう

非正規男性は「決めすぎた格好」だと浮いてしまう可能性があります。
そのため、適度にフォーマルでシンプルな格好がベストでしょう。上下スーツでビシッと決める服装もOKですが、ニットやカジュアルなジャケットなどでカジュアルダウンした格好などの垢抜けたファッションも好印象なので、チャレンジしてみても良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ダサい服はダメ!】良く見せるために非正規男性の婚活ではどんな服装が良い?

【ダサい服はダメ!】良く見せるために非正規男性の婚活ではどんな服装が良い?

非正規男性だって結婚したいですよね?でも、人並の婚活だとなかなか難しいかもしれません。良さを見せるポイントとなるのが「服装」です。女性は服装で判断する人が多いで、ここではどんな服装が良いのか、多くの人の意見を取り入れた上で最適なアドバイスを致します。
ゆりゆり | 158 view
40代男女の婚活における服装や見た目で気をつけるべき3要素とは?

40代男女の婚活における服装や見た目で気をつけるべき3要素とは?

婚活において第一印象は非常に大きな役割を果たしています。気になる相手から第一印象で好感を得るために気をつける3つの要素について説明していきます。
管理者 | 966 view
【50代男性へ】婚活中は見た目が大事。好感を持たれやすい服装をチェック!

【50代男性へ】婚活中は見た目が大事。好感を持たれやすい服装をチェック!

40代から考えていた婚活。気づけばもう50代に突入してしまった未婚50代男性の皆さんは、婚活が上手にいかないのは何が理由だか分りますか?それはもしかしたら、あなたの服装にあるかもしれませんよ。人の第一印象は80%で決まると言いいます。今日からあなたもダンディズムファッションで結婚をゲットしましょう。
馬場 | 731 view
悩める婚活中の非正規男性が"年収"以外の項目で結婚するためにやるべき事とは?

悩める婚活中の非正規男性が"年収"以外の項目で結婚するためにやるべき事とは?

晩婚化が進み、年収が高い正規雇用の男性でも結婚が難しい昨今。将来の保証がなく、年収が低い非正規雇用の男性にとっては「結婚なんて夢のまた夢」と思っていませんか。そんな年収が低い非正規男性でも婚活を進めるうちに、良き伴侶と巡り合えます。今回は、年収が低い非正規男性が結婚できる方法を紹介します。
馬場 | 1,531 view
"非正規だから相手にされない"は違う。非正規男性の婚活がうまくいかない本当の原因

"非正規だから相手にされない"は違う。非正規男性の婚活がうまくいかない本当の原因

非正規男性の多くは、結婚をしたいのにできないことで悩んでいます。婚活の場において「非正規」というだけで「低収入」「不安定」とイメージされ、相手にすらされないことも。でも、非正規でも結婚している人がいる。それには、どんな理由があるのでしょうか?
達也 | 383 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

poppo poppo