2017年6月2日 更新

真剣な出会いをしたいならお見合い形式の婚活パーティーに参加しよう♪

将来を真剣に考えたお付き合いをしたいなら、婚活パーティはお見合いスタイルのものに参加してみませんか?一般的なお見合いとは違い、お見合いスタイルの婚活パーティーなら気軽に参加できてお相手を探す事ができますよ。

55 view お気に入り 0

プライバシーに配慮された個室で安心

 (16276)

お見合いスタイルの婚活パーティーの一番のメリットは、パーテーションで区切られた部屋や、半個室で行われることです。

人に見られたくない、あまり顔を合わせたくないという方でも安心して参加でき、参加者のプライバシーに配慮されています。

女性側は着席して男性を待ち、スタッフに案内されて男性が入室し、会話スタート。
終了後のカップル発表もスタッフが部屋に来てくれ教えてくれますので、通常の婚活パーティーとは違い参加者全員の前で発表されるということがないので、もしカップル成立にならなかったとしても恥ずかしい思いをする事なく済みます。

参加から終了まで変にストレスを感じる事なく参加できます。

・同性と顔を合わせる事がないことも嬉しいポイント

お見合いスタイルの婚活パーティーでは、女性同士顔を合わせる機会がほぼありません。
通常の婚活パーティーでは参加者全員が同じ会場に入り、同性も多くいます。
婚活パーティーなどの現場では女性同士による服装のチェックなどが必ずされ、こういった事が苦手な方もいます。

その点、お見合いスタイルのパーティーなら区切られた空間で一対一で行われるので心配無用です。
 (16314)

普段の自分を出せる参加者が多い

 (16316)

形式張ったお見合いとは違いますし、仕切られた空間の中で他者の目を気にする事なくカジュアルに会話することができます。

二人きりで気軽に話す事ができるので気になった事はすぐに聞けますし、会話に集中する事でお相手の男性を限られた時間の中で多く知る事が出来るでしょう。
また、会話に集中することでお相手にも真剣さが伝わるはずです。

婚活では普段の自分を出して知ってもらう事が大切ですので、自分もお相手も普段の自分を出しやすいこのお見合いスタイルのパーティーは最適です。

また、初心者の方で不安だからと友人と一緒に参加したい方でも、友人と同じ空間で会話がスタートする訳ではないので、真剣に話しているところを見られるのが恥ずかしいけど、一人で参加するのは勇気がないという人にもぴったりですよ。

落ち着いた空間の中で、真剣にお相手を探したいと考えている女性はぜひ一度参加して見てはいかがですか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【婚活女性必見!】お見合い写真、どんな服装で撮影する?

【婚活女性必見!】お見合い写真、どんな服装で撮影する?

婚活で重要アイテムとなる「お見合い写真」、どのような服装で写るのが良いのでしょう。男性から印象良く見られるような写真にしたいですよね。そこで、婚活に役立つ女性の「お見合い写真」の服装について調べてみました。
Alex | 47 view
カップル成立率が高い!人気の婚活【お見合いバスツアー】♪

カップル成立率が高い!人気の婚活【お見合いバスツアー】♪

婚活イベントはたくさんありますが、今回は人気のひとつ「お見合いバスツアー」をご紹介します。ゆっくり時間を掛けて新たな出会いを楽しめるバスツアーは、お互いの事を知り合うことができ、カップル成立率が高いと評判です。
Alex | 26 view
【2016年最新】婚活列車に運動会?注目の変わり種婚活!

【2016年最新】婚活列車に運動会?注目の変わり種婚活!

いろんなジャンルの婚活がある現在、ちょっと変わった婚活に参加してみませんか?そこで運命的な出会いにあえるかもしれません。そこで今回、注目の変わり種の婚活をまとめてみました。興味がある方は参加してみてくださいね。
Alex | 22 view
【お見合いで必須】巧みな会話術で婚活成功を掴もう!

【お見合いで必須】巧みな会話術で婚活成功を掴もう!

今やいたるところで会話術の必要性が訴えられていますが、それはお見合いでも同じことです。相手の気を惹きたいと思うなら、会話が上手くなることはとても大事!しっかりと会話術のイロハをマスターして、婚活を成功させましょう!
Alex | 16 view
え!?婚活パーティーで両想いにならなかったら全額返金!?

え!?婚活パーティーで両想いにならなかったら全額返金!?

婚活パーティー「PARTY☆PARTY」を運営している「IBJ(アイビージェー)」は、期間限定でキャンペーンを行っています。それは、カップリングにならなかった方には参加費を全額返金するということです!
Alex | 9 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ピンク ピンク