2017年3月14日 更新

貧乏な男性って、婚活の相手になる?気になる疑問について解説

結婚したい!と思っている女性は多いのですが、結婚相手がたとえ貧乏でもかまわない!と言い切れる人は少ないでしょう。女性にとっては、結婚相手の収入や資産は非常に重要なポイントです。しかし、婚活を長く続けていると「このひと、貧乏だけどいいかも…」と思うときもあります。貧乏男性は、はたして結婚相手にふさわしいでしょうか?

277 view お気に入り 0

女性が希望する年収は500万円、これって高望み?

写真スタンプ:『I LOVE YOU♡』その2のフリー写真画像|GIRLY DROP (4577)

女性は、結婚相手にそれなりの収入があってほしいと思っています。では、それなりの収入とはどれくらいでしょうか。

あるデジタルマーケティング会社が18歳以上の女性200人にネット上でアンケートをとったところ、年収500万円くらいを希望する女性が最も多かったという結果になりました。第2位が年収1,000万円くらいと一気に上がりますので、大多数の女性が平均的な目安として年収500万円をあげていることがわかります。

この年収500万円というのは、結婚相手に希望する収入としては多すぎるでしょうか?
月収を30万円として、ボーナスが2か月分×夏・冬の2回。これでだいたい450万円くらいの年収でしょう。これくらいのお給料をもらっている会社員は珍しくありませんから、女性が希望する年収500万円というのは、それほど高すぎるレベルではないんです。
「結婚相手の理想年収」を聞いたところ、最多は29.5%で「500万円くらい」だった。次いで「1,000万円くらい」(16.5%)、「600万円くらい」(9.5%)、「800万円くらい」(9.0%)、「年収700万円」(8.5%)と続いた。

年収が多くても、金銭感覚がずれているカップルは生活が苦しい

指先が触れ合うカップルの手のフリー写真画像|GIRLY DROP (4589)

収入が多ければそれだけ幸せになれるのか。ここが婚活で女性が悩むポイントです。理想を言えばきりがないけれども、現実にはどこかで妥協をしなくてはなりません。いろいろな条件の中でどれを削っていくかと考えたら、収入面で妥協する必要があるかもしれません。

・収入が多ければいいという訳でもない

そこで考えたいのが、年収ベースではなくて生活資金ベースです。たとえば月収が50万円ある人でも、家計には10万円しか入れてくれず、残りは自分が好き放題に使ってしまうような男性では、いくら収入が多くても意味はありません。
反対に、月収が25万であっても家計に20万円を入れてくれ、なおかつ家事を分担してくれる男性ならどうでしょう。これなら結婚後も女性は仕事を続けやすく、共働きが成立するので世帯収入としては十分あるのです。

たとえ結婚相手の年収が300万円でも、結婚後に女性も仕事を続けることを前提にすれば問題ありません。出産しても育休後に復帰したりパートに出たりすれば、生活資金ベースでは余裕で暮らしていけます。
その代わりに女性が結婚する男性に求めるのは、バブル期の「3高」から、「三低」(低姿勢、低リスク、低依存)に変わり、最近では「三手」(手伝う、手を取り合う、手をつなぐ)になっているのだという。男性にとって「経済力」で女性の気を引く時代ではなくなっているようだ。

働く能力がある男性なら、今が貧乏でもこだわらずに

シンガポールドルなどの外貨|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (4608)

もう一つ考えておきたいのは、現在貧乏な男性であっても、この先は貧乏でなくなる可能性があるということです。

とくに正規雇用(正社員)で働いている男性の場合、若いときはそれほど年収がなくても、いずれ昇給していく可能性が高いです。こういう場合は、現在が貧乏男性であってもそれほど問題になりません。もちろん途中で会社を辞める可能性もありますし、お給料が下がることもありますが、今の年収ばかりを気にする必要はありません。

大事なのは、卒業後に就職した会社で長く勤め続けていられる男性か、あるいは自分で起業して周囲とコミュニケーションをとる能力がある男性かどうかです。
つまり社会に適応でき、仕事を作り出す能力(=稼げる能力)があるかどうかが重要です。

こういう男性は、現在貧乏であっても収入を作り出す力があります。女性は自分の仕事をもつとしても、出産などでどうしても働けない間は、夫の収入で家族が暮らしていけるということです。
第1回から第9回まで回答した者について、初職の就業形態の正規・非正規別に、第9回調査時 までの結婚経験の状況をみると、男性は「初職が正規」で「結婚経験あり」は 66.7%、「初職が非正規」で「結婚経験あり」は 40.5%となっている。女性は「初職が正規」で「結婚経験あり」は 74.7%、 「初職が非正規」で「結婚経験あり」は 59.4%となっている。

時にはデータより直観を信じて

 (4652)

結婚と収入の問題は一体のもの。婚活をするときは避けて通れない問題です。
しかしいたずらに年収にこだわって良縁をのがすより、理想の年収がない男性と結婚してうまくいくケースも多いのです。年収を無視して婚活をすることはできませんが、あまりこだわらずに、時には直観を信じてもいいでしょう

関連する記事 こんな記事も人気です♪

短すぎは危険?婚活で付き合った相手と結婚までに必要な期間はどれぐらい?

短すぎは危険?婚活で付き合った相手と結婚までに必要な期間はどれぐらい?

婚活して恋人ができたのはいいけど、結婚までにどれぐらい付き合わないとダメなんだろう?そう悩む人も少なくありません。しかし、大事なのは自分と相手の気持ち。ここでは、結婚までに必要な交際期間についてお話していきます。
*koishi* | 972 view
貧乏男性に知ってほしい婚活市場の"現実"。焦りの原因をなくす"自分磨きの方法"

貧乏男性に知ってほしい婚活市場の"現実"。焦りの原因をなくす"自分磨きの方法"

低い収入の貧乏男性は、圧倒的に婚活で不利です。ただ、もう少し細かく婚活市場の現実を知ってからでも遅くはありません。いま婚活している女性が思っている年収について、また結婚したいと思えるタイミング等について、お話します。
みずほ | 5,358 view
〔貧乏男性必見〕収入でダメなら"外見"で勝負!

〔貧乏男性必見〕収入でダメなら"外見"で勝負!

自分は貧乏だから婚活には不利だと思っている貧乏男性に朗報です。女性が重視しているのは収入ばかりではありません。外見も非常に重要なポイントです。ここでは、婚活成功のために必要な「外見」についてご紹介します。
| 312 view
"非正規だから相手にされない"は違う。非正規男性の婚活がうまくいかない本当の原因

"非正規だから相手にされない"は違う。非正規男性の婚活がうまくいかない本当の原因

非正規男性の多くは、結婚をしたいのにできないことで悩んでいます。婚活の場において「非正規」というだけで「低収入」「不安定」とイメージされ、相手にすらされないことも。でも、非正規でも結婚している人がいる。それには、どんな理由があるのでしょうか?
達也 | 420 view
【50代男性の婚活】相手が男性に望んでいるものって何だと思いますか?

【50代男性の婚活】相手が男性に望んでいるものって何だと思いますか?

50代でも結婚したいと思っている男性は多くいるのではないでしょうか?世間では難しい年代だと言われています。しかし、おひとり様のブームや晩婚化が進みシニア世代の婚活が多くなっています。実は、頑張れば婚活が成功する可能性が多く含まれています。相手の女性が男性に望んでいることを知っていればより結婚が近くなるのではないでしょうか。
| 271 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ryo ryo