2017年4月18日 更新

貯金ナシ40代男性って、婚活市場で需要はどれくらい?「貯金」はどれくらい重要視されている?

仕事一筋できたけれど、自分ももう40代。結婚はしたいけれど、気がつけば恋人もなく、貯金もほぼない状態。そうした40代男性が婚活をして、果たして勝算はあるのか?そんな不安を抱えた男性に、婚活市場において、40代男性がどれくらいの需要があるのか?また、婚活をする上で貯金という条件がどれくらい重要視されているのかについてご紹介します!

3,164 view お気に入り 0

40代男性の平均貯蓄額は490万円

40代の平均貯金 490万円(単身世帯)
40代独身男性の平均年収が603万ですから、年収の8割近くを貯金しているのが一般的なようです。

しかし、業種・職種・役職によって、年収が600万に届いていない男性も多く、特に非正規雇用者の場合、40歳男性で平均年収246.7万円という調査結果もあるため、この平均貯金額はあくまでも参考値としてみた方が良さそうです。

ですが、結婚を希望するのであれば、貯金はあった方がいいに越したことはありません。
 (13748)

婚活女性が求める40代男性の貯蓄額は300万円

・結婚する時に、相手に望む貯蓄高
→女性が男性に望むのは「100万円~300万円」が最多の25%
※平成23年 東京スター銀行|男女の金銭感覚調査(全国の20~40代男女 1275サンプル)
貯金がないと、指輪や式をやらないにしても写真や新婚旅行、新居(賃貸でも)お金がかかりますから、貯金が0だと結婚なんて出来ないと思います。
女性側から見ると、結婚をするとなると新居に対する費用が必要になることを含め、もし子どもが授かったときの健診費用や出産費用(入院費や場合によっては手術代)、育児用品、出産後の生活費など、夫の収入や自分の貯金に頼らざるを得ない状況になった場合の備えとして、貯金は必要と考えているようです。

女性によっては、男性の貯金額100万円程度でも構わないという方も割合多く見られますが、これは「とりあえず出産費用があれば」という理由なのです。
女性が出産後も働く意思があるならば問題ありませんが、将来のことを多角的に考えた場合、貯金100万円+女性の貯金の貯金額が、二人合わせた月収の3か月分に足りないのであれば、生活費の保険として十分とは言えません。

せめて、自分の月収3か月分は最低でも貯蓄しておいた方が安心と言えます。

女性は男性に比べると、妊娠・出産などのライフイベントで、休職や退職をせざるを得ないことがあります。
この場合、頼れるのはパートナーの収入です。

独身時代からしっかりと貯金をしてきた男性ならば、こうしたライフイベントで妻の収入が減少する事態に陥っても、安心して身を任せることができるのではないか?と思うのです。
 (13751)

40代男性の結婚に必要な要素は「年収」と「貯金」

結婚相手に対して「貯金があること」を望む人は少なくありません。どれだけ年収があっても、貯金が無い人とは結婚できないという人もいるはずです。
「300万の貯金がある人は、金銭感覚にそんなに大きなズレはないと思う。」(女性/30代後半/東京都)
今や正規雇用者より非正規雇用者が増えつつある現状において、年収が少なくても、貯金があるなら問題ないとする女性の声もあります。

婚活をする男性には「年収」と「貯金」を求めています。

・年収が平均の半分ほどで、コツコツと貯金してきて300万円以上ある人
・年収が平均より高くて、貯金が0に近い人

この二つなら、貯金がある人の方が安心です。

なかには、毎月入ってくるお金が多いなら、貯金なんてなくても大丈夫!と思っている女性もいるようです。
しかし、それだともしも働けなくなり、収入が途絶えてしまったとき、困った事態に陥ることは目に見えています。
このように”毎月の収入”というものだけに頼りすぎることは、大変危険なのです。

よって、せめて月収の3か月分の貯金は、最低でも貯めておきたいところです。
 (13755)

貯金がない40代男性は婚活で”負け戦”に繋がりやすい

友人も相手の貯金が0に近い事を知って結婚止めた子もいます。
このように、女性にとって収入だけでなく貯金は、特に男性を選ぶうえで大切な要素となっているのです。

結婚前の資産(預貯金、不動産、株式など)は、結婚後も自分だけのものとして法律上は取り扱われます。

しかし、実際結婚をして生活を始めると、どうしてもお互いの貯蓄への干渉は否めません。

子どもを作りたいと考えている場合は、出産費用だけでなく、出産後の家族の安定した生活を送るためには、お互いの貯金に手を付けなければならない時も出てきます。

また、女性から見て貯金ができる男性というのは、その男性がこれまでに自分を律して生活してきたかどうかを測るうえでの判断基準となっていることが多いです。

女性はきちんと貯金ができる人どうかを含めて、貯金の有無で、浪費家でないか、上手なお金の使い方ができる人かどうか、安心して自分の人生を任せられるかといったことを見極めているとも言えます。

貯金がない40代男性で勝算があるのは”一握り”

Free illustration: No Money, Poor, Money, No, Crisis - Free Image on Pixabay - 2070384 (6651)

全く貯金がありません、残高が10万円もありません、ではお話になりません。
この場合は、せめて月収の3か月分は、何とかしてでも貯金をしましょう。

貯金がほぼない状態で、婚活をしても勝算が見込めるのは、支出予定金額を余裕で月収でまかなえてしまうような高収入者です。
この場合は、たとえ貯金がなかったとしても、常に生活に十分ゆとりを持って営めるからです。

たとえば、結婚式をすることになったとしましょう。
結婚式は、準備に2~6か月程度かかります。
その間に、毎月貯めれば、必要費用分が貯まるほどの月収であれば、貯金がなくても何とかなるのです。

しかし、世の中の婚活男性のほとんどは、そんな高収入ではありません。
40代男性で600万ほどの年収でも良い方だと受け止められるほど、年収300万円前後が男性の年収で最も多いとされる層なのです。

貯金がなければ、1円でも増やす努力を

Free photo: Conservation, Piggy Bank, Coin - Free Image on Pixabay - 1633063 (6653)

年収が低くて、貯めることが難しいという人でも、毎月給料日前には、お財布の中にも幾らかのお金が残っているはず。
それすらも貯金に回す努力をしましょう。

また、自分の生活に無駄はないかを振り返ってみましょう。

●家計簿を付ける
●自炊する
●節電を心掛ける
●スマホやインターネットの料金を見直す
●服などは、長く着られるいいものだけを数点買うのみ など
上手に節約すれば、幾らかずつでもお金を貯めることができます。

支出が収入を超えるなら、副業も視野に

 (13769)

支出がいつも収入を超えてしまうほど、そもそもの収入が低いのであれば、副業を視野に入れてみてはどうでしょうか?
収入を増やせば、貯金することも可能になります。
目標金額まで副業をするのもいいでしょう。

●新聞配達(朝刊配達で約5万円ほど。お休みは月1回程度)
●WEB関係で在宅仕事(受注するお仕事によって収入は変わります。時間にとらわれません)
●ポイントサイトなど(ポイントによって現金に換金してくれるところがあります。開いてる時間で片手間にできます)

ただし、お勤め先の会社によっては副業を禁止されているところもあるので、必ず確認をしてくださいね。

貯金はあくまで通過点

 (13775)

結婚をしたいけど、結婚相談所は高いし、預金残高が減るのは嫌だしと言って、なかなか重い腰が上がらない。
 時間だけが無情にも経ってしまい、重い腰を上げたと思ったら、安価なネット婚活や婚活パーティを初めてしまうのです。
貯金がある程度貯まってくると、使うことに抵抗を感じてしまうことがあります。
そのため、ついつい預貯金の目減りを気にして、安価なサービスに手を出してしまう人も少なくありません。

もともと持っていた預貯金ならば、自分一人で使うことを前提としていたのですから、なるべく残しておきたいと思うもの。
しかし、その貯金の目的の一つに「結婚」があるならば、賢い使い方をするべきです。
せっかく貯めたお金を、無駄に使ってはもったいないですよね。

婚活サイトやサービスを利用するなら、自分の条件に見合うであろう女性が多く登録していそうなサービスへ登録しましょう。
それが高い費用を要するとしても、出逢いの数を圧倒的に増やせられるのですから、結果として有意義なお金の使い方になるはずです。

また、倹約家になりすぎて、身なりも安物で揃えてしまうことがないようにしてください。
40代男性ともなると、30代男性に比べると当然加齢は目立ち始めます。
そうした男性が、20代が好むようなファストファッションだけを身にまとっていては、女性の目には貧相に見えてしまいます。

40代男性だからこそ、大人のファッションに身を包みつつ、上手なお金の使い方をしていただきたいと思います。

最後は「あなたの人柄」が決め手です。

 (13782)

ここまで年収や貯金のお話をしてきましたが、男性に限らず女性にも貯金がないという人は多いです。

婚活サイトやサービスで、出逢って早々に貯金についてあまり問われることはないかもしれません。
しかし、せっかく出逢った魅力的な女性と貯金がないことでお別れすることがないように、日ごろから貯蓄に気を付けて生活をしていただきたいと思います。

ただ、貯金も一朝一夕で目に見えて増えていくものではありませんから、貯金をしつつ婚活に励む場合は、やはり男性としての魅力はもちろん、自分自身の強みと言えるものを備えておくことが大切です。

結婚だけでなく、生活するうえでお金は必ず必要ですが、結婚はお相手の性格や人間性でするものです。
その中身の部分に魅力がなければ、どれだけお金を持っていても、ほとんどの女性は見向きもしてくれません。
それを心に刻みつつ、婚活を頑張ってくださいね!

【必見】恋愛を成就させたいならまずは己を知るべし!

今回の記事はいかがでしたか? 婚活の知識を学ぶことは大事ですが、それだけでは恋は成就しません。

出会いの場がどんどん増えてきているにも関わらず、もしあなたが「自分はいつ結婚できるのか」「結婚につながる良い出会いがこの先にあるのか」と悩みを抱えているのなら、まずは己を知る必要があります。

「自分のことが一番よくわらかん\(^o^)/」

という人は、ネットで西洋占星術を使った占いを試してみることをおすすめします。
西洋占星術は、出会いの多い(結婚しやすい)時期や、相性の良い相手、生まれ持った資質・性格など、恋愛をする上で知っておくべき情報をズバリ知ることができるからです。

私は占いにこれまで100万円以上つぎ込んできましたが、ネットで評判の占い師さんは本当に面白いくらいあたるのでおすすめです(逆に近所の占い師さんは趣味レベルの方が多く撃沈しました・・・)。
電話やメールを使った占いが主流なのですが、占術師の鑑定時の言葉のニュアンスなどが伝わることから、個人的には「電話占い→メール占い」の順によく利用しています。

とはいえ、合う合わないがあると思うので、無料キャンペーンをうまく活用して占ってもらうことをオススメします。

20代→30代→40代→50代と年齢を重ねる毎に、婚活の成功確率はどんどん減っていきます。無駄な時間を費やさなくても良いように、ぜひ使えるものはどんどん積極的に使ってみてください!



追伸: どの占い師さんがおすすめですか?といった相談はメールをいただけましたら、こっそりお教えしますので、お問い合わせフォームから、お気軽にご相談ください(会社名とかは空白で大丈夫です!)☆

関連する記事 こんな記事も人気です♪

結婚するのに理想の貯金はどれぐらい?40代男性のリアルなお財布事情

結婚するのに理想の貯金はどれぐらい?40代男性のリアルなお財布事情

お金がすべてではないとはいえ、最低限の貯金はしておきたいものです。子供の養育費などを考えればお金に余裕があるにこしたことはありません。40代の男性はいくらぐらい貯金があることを理想としているのでしょうか。ぜひ、自分と比べてみて多いか少ないかを比較してみてください。
| 1,261 view
婚活女性は要注意!40代男性の中に潜む "結婚出来ない男"

婚活女性は要注意!40代男性の中に潜む "結婚出来ない男"

30代で婚活中の女性は、40代男性も対象にしている人は多いでしょう。しかし、40代の男性の中には、本当にろくでもない"結婚出来ない男"が紛れ込んでいる可能性があります。ここではそのダメ男についてご紹介します。
owl | 1,962 view
婚活中の50代男性必見!結婚するにはどれくらい"貯金"が必要?

婚活中の50代男性必見!結婚するにはどれくらい"貯金"が必要?

婚活サイトなどでは、女性は結婚相手の条件に年齢や年収、貯蓄額を見ているよう。女性からすれば、相手が50代男性ともなると、老後のことも含めた生活はそれほど遠くない未来のことですから、当然と言えば当然のことかも。では、世の中の女性が、50代の男性に対して、貯金を含めどのくらいの貯蓄があれば、結婚相手として見ることができるのでしょうか?
達也 | 1,238 view
どうする?40代男性の婚活をする上で悩みの種となる「親」の問題

どうする?40代男性の婚活をする上で悩みの種となる「親」の問題

40代男性の方で婚活している人も現在ではたくさんいらっしゃるかと思います。しかし、そこで悩むのが親のこと。結婚したら同居だと女性に話したら嫌がられるのではないか?かと言って歳をとった両親を置いて家を出るのは心配ですよね。40代男性が悩んでいる親の問題について、お話していきます。
raku2ra | 359 view
婚活で失敗しまくる40代男性のよくある勘違いベスト3

婚活で失敗しまくる40代男性のよくある勘違いベスト3

まだ結婚できていないのに、なぜか自分に自信がある40代男性っていますよね。ここでは、婚活に失敗しまくっている40代男性の勘違いベスト3をご紹介します。
うめこ | 1,073 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

達也 達也